tel:0952-27-0412

〒840-0011 佐賀県佐賀市北川副町江上95-1

佐賀市の歯科/インプラント/骨再生治療/歯周病/CT画像診断/口腔外科

治療症例

本当は怖い歯周病

  • 治療症例
Mobile Site

症例1(歯周病により歯を喪失)

治療前

治療後

歯周病により歯の周りのあごの骨(歯槽骨)が溶けて(レントゲンの赤の矢印)抜かなくてはならなくなった症例です。

歯周病によりあごの骨(歯槽骨)が溶けて歯に動揺があり審美的にも歯と歯の間に隙間が出来ている状態でしたが、インプラント処置を行ったことにより審美的にも良い状態になりました。

症例2(むし歯により歯を喪失)

治療前

治療後

むし歯により歯の根っこだけの状態になっており、歯を抜かなければならなかった症例です。

歯を抜くと同時にインプラントを埋め込む処置を行いました。今ではきちんとお食事も採れるようになり喜ばれています。

症例3(ブリッジの土台の喪失)

治療前

治療後

ブリッジ治療をされていらっしゃった方です。

ブリッジをされている土台の歯(レントゲンの赤丸)が歯周病により悪くなり、抜かなくてはならなくなりました。インプラント処置を行うにあたり、奥歯の周囲はあごの骨が少なかった為にサイナスリフトを事前に行いました。その後、あごの骨が出来ていることを確認の上インプラント処置を行いました。

症例4(ソケットプリザベーション)
 

治療前

治療後

歯の根っこの先に膿の袋(治療前レントゲンの赤丸部分)が出来ている状態です。レントゲンの赤丸の中の黒く抜けている部分は膿の袋が大きくなりあごの骨(歯槽骨)が溶けてなくなり黒く抜けているのです。

歯を抜いて、膿の袋をきれいに取り除き骨を造る為のお薬を入れる処置(ソケットプリザベーション)を行いました。治療後のレントゲンの赤丸部分です。膿の袋は細菌の塊なのできれいに取り除く必要があります。

症例5(歯周病)

治療前

治療後

歯周病の治療前は上下の歯茎がかなり腫れていらっしゃる状態でした。

歯周病の歯石除去等の治療後歯茎の腫れもかなり変化しました。

PAGE TOP