tel:0952-27-0412

〒840-0011 佐賀県佐賀市北川副町江上95-1

佐賀市の歯科/インプラント/骨再生治療/歯周病/CT画像診断/口腔外科

歯槽骨再生治療

本当は怖い歯周病

  • 治療症例
Mobile Site

骨再生治療について

自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになる『インプラント治療』ですが、インプラントの土台になる骨の量が少ないとインプラント治療ができません。
しかし、このような場合でもインプラント治療は可能です。
インプラントには、『ソケットリフト』『サイナスリフト』『GBR』『ソケットプリザベーション』などのいくつかの骨再生治療があります。

ソケットリフト

上顎の骨の厚みがない方は、上顎洞の中に骨を再生するとインプラントを植立できるようになります。
上顎と上顎洞との距離が狭く、そのままではインプラントは不可能であるが、5mm以上の距離がある場合に行う方法です。
ソケットリフトはインプラントを埋入する部分から押し上げるので、傷口が小さくて済み、治療自体はインプラントの穴を形成する器具を使用しないため通常のインプラトを行う場合よりも痛みや腫れがない治療法です。

GBR

インプラントを植立するための骨幅や骨の高さがない場合、そのままの状態でインプラントを行うと成功率は非常に低くなります。
GBR法とは、骨が不足している部分に、膜を用いて骨を作るスペースを用意し、その中に、骨のもとになるものを詰めて骨の再生を促す治療法です。
骨の幅が少ないとインプラント治療はできません。
骨幅を増すことで、骨が痩せている場所にもインプラント治療ができます。
インプラントを植立する前に骨の増大をはかる方法と、インプラントと同時にGBR法を行う方法の2つの方法があります。
青の矢印がGBR
赤の矢印がソケットプリザベーション

ソケットプリザベーション

ソケットプリザベーションとは、抜歯時に骨補填材の填入により、骨の吸収を予防する治療法です。
保存できない歯を抜歯するときに抜いた所が陥没しないようにゆっくり丁寧に抜歯し、抜歯した直後に人工骨などを填入しインプラントを埋入しやすくします。

PAGE TOP