tel:0952-27-0412

〒840-0011 佐賀県佐賀市北川副町江上95-1

佐賀市の歯科/インプラント/骨再生治療/歯周病/CT画像診断/口腔外科

本当は怖い歯周病

本当は怖い歯周病

  • 治療症例
Mobile Site

歯周病について

歯を失う原因の第一位は歯周病です。 歯周病は初期の段階ではあまり症状もなく進行していき、歯ぐきの炎症を起こし歯の周りの骨を溶かし、やがては歯が抜けてしまう怖い病気です。
最近では心臓病、糖尿病との関連が問題視されています。
歯周病は数種類の細菌が関与した細菌感染症で、プラーク(歯垢)
が溜まることで、歯周病の進行を招きます。

細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成します。
数種類の細菌の集団が集まってコロニーを形成しており、バイオフィルムは強力なバリヤーになっているので、薬も効果がありません。
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ません。

歯槽膿漏

歯槽膿漏は、年齢を問わない病気です。
出っ歯、目や口元のしわ、たるみ、口臭それらの原因は、意外なことに、歯槽膿漏かもしれません。
鏡をのぞいて見て下さい。
鏡の中に見える磨き残しが、プラーク(歯に付いた細菌のかたまり)となります。
そのプラークが原因で歯肉炎・歯槽膿漏(歯周炎)となるのです。

歯槽膿漏の症状と進み方

1・歯ぐきが赤く盛り上がった様に腫れてきて、歯磨きを行うと出血します。
この状態を「歯周炎」といいます。

2・さらに進行して、腫れた歯ぐきと歯の境い目に溝(歯周ポケット)ができて細菌の溜まり場になります。 この状態が、「歯周炎」のはじまりです。
だんだんと歯ぐきが下がり膿がでたり、口臭がしてきて、歯ぐきがむずがゆかったり、ぐらぐら動く感じが出てきます。

3・歯を支えているあごの骨が溶け、末期には 歯が抜けてしまいます。
口臭もきつくなり膿や出血も常時でるようになります。

つまり、歯ぐきが腫れ出血する「歯周炎」が、さらに進むと「歯槽膿漏」となり最終的には、歯が抜けてしまう可能性が高くなります。

歯槽膿漏の原因を知っていますか?

きちんと歯磨きができていないと、歯と歯ぐきの境い目に磨き残しができ、歯垢=プラークになります。
さらに硬くなると歯ブラシでは落とせない歯石に変わります。
そのまま放っておくと、増殖した細菌が歯ぐきに炎症を起こし、歯を支えているあごの骨を溶かしていくのです。
適切な歯磨きを行っていなければ、プラークが原因で歯槽膿漏に至ってしまいます。
歯槽膿漏は自覚症状が少ない為、知らないうちに進行していく病気なのです。

まずは、検診を受けましょう。

歯槽膿漏は、特に命に係わる病気ではないと思われますが、その命の源である「食事」をとることに欠かせない歯が失われていくのは、非常に危険なことです。最初に今のお口の状態を知っていただくことが、一番大切です。 きちんと検査を受け、いつまでも健康な歯と歯ぐきを保ちましょう。

PAGE TOP