佐賀でインプラント/審美治療なら スマイル歯科SMILE DENTAL
0952-27-0412
10:00〜19:00(水・木休診)

ラミネートべニア治療の
流れ・治療期間・費用・リスク

SCROLL

ラミネートべニア治療とは?

ラミネートべニア治療とは、歯の表面をごくわずかだけ削って、セラミックまたはジルコニアの“薄い板(シェル)”を貼り付けて色と形を改善する治療です。「歯のネイル」とも言われています。

ラミネートべニア治療 症例写真
Before
After
Before
After
Before
After
施術名
ラミネートべニア治療
治療費用(1本あたり)
50,600円
リスク
噛みしめ・歯ぎしりによりシェルが破損することがあります。

ラミネートべニア治療の流れ

ラミネートべニア治療はおおよそ次のような流れで進みます。

来院1回目: 術前検査
来院2回目: 歯の表面を削る→シェル仮接着
来院3回目: シェル本接着

それでは治療の流れを詳しく説明していきます。また、初診時のカウンセリングの流れはこちらで詳細を説明しています。併せてご確認ください。

  1. 1カウンセリング

    悩みを伺い、治療プラン等をご説明します。また、ご希望の歯の色や形の目標・ご要望を伺います。

    2術前検査

    視診・レントゲン検査・歯の色チェック・口腔内撮影をおこないます。(虫歯や歯周病が認められる場合、他の検査もおこなうことがあります。また、虫歯や歯周病が見つかった場合は事前に治療をおこないます。)

  2. 1歯茎の表面麻酔

    まずは治療する部分の歯茎に表面麻酔を施します。

    シリジェットという機器で表面麻酔を塗っている様子。表面麻酔をすることで、その後におこなう注射麻酔の痛みをできる限り抑えます。

    2注射麻酔

    表面麻酔がしっかり効いてきたら、次は注射麻酔です。処置をおこなう部分の歯茎にしっかり麻酔をかけていきます。

    注射麻酔の様子。ほぼ痛みはありませんが少しだけチクっとする場合もあります。

    3歯の表面を削る

    麻酔がしっかり効いたら、歯の表面を1mmほど削っていきます。

    ドリルで歯の表面を削っていきます。痛みはありません。

    4削った歯を型取りする

    歯の表面を削り終わりました。次はセラミックシェル(歯に張り付ける板)を作るため、削った歯を型取りします。口腔内スキャナーを使い、素早く正確に型取りしていきます。

    5シェルの色を相談して決める

    シェルの色を決めます。事前に確認した治療前の歯の色とセラミックブロックの色味を比較いただきながら、色を決めていただきます。また、歯の形の細かなご要望も改めてお伺いします。(色味や形の希望は事前のカウンセリング時にも伺います。)

    セラミックシェルは、写真のようなセラミックブロックから削り出して作ります。どんな色味の希望にも対応できるよう、様々な色味のブロックを用意しています。

    6待ち時間(セラミックシェル製作中…)

    セラミックの色が決まったら、次はシェルのデザインと削り出しに取り掛かります。

    シェルの削り出しが終わるまで5時間ほどかかります。その間、一度ご帰宅いただくなどしてお待ちいただきます。

    セラミックシェルの形状をデザインする

    前述「4」で取得したスキャンデータを元に、専用のデザインアプリケーションを使ってセラミックシェルの形をデザインします。形の希望は治療前におこなうカウンセリングの際にしっかり伺います。

    患者さんが天然歯のような審美性をお求めの場合は、歯面の細かな溝や歯先の不揃いさも丁寧に表現します。

    セラミックシェルを削り出す

    デザインが終わったら削り出しです。「セレック」というセラミック自動掘削機が、入力したデザインデータどおりにセラミックを正確に削り出してくれます。

    7セラミックシェルを接着する

    さて、型取りが終わって5時間ほど経ち、セラミックのシェルが出来上がりました。

    休憩からお戻りいただいたら、まずはセラミックシェルを接着剤で貼り付けます。

    8シェルと歯の境い目を滑らかにする

    セラミックシェルを貼り付けたら、シェルと歯の隙間からはみ出た余分な接着剤をしっかり取り除きます。

    そして、シェルと歯の境い目を研磨し、継ぎ目を滑らかにします。

    9噛み合わせの確認と形状の微調整

    噛み合わせに問題がないか確認します。問題があれば歯先を微調整します。

    今回の治療はこれで終わりです。仮接着の状態で1~2週間お過ごしいただき使用感をご確認ください。1週間ほど過ごしていると、「もう少し歯を小さくしたい」「もう少し短くしたい」などの細かな気になる点が出てくるはずです。次回来院時に使用感をしっかり教えてください。

  3. 1使用感を伺い、必要があれば修正する

    使用感を伺い、形・色味・噛み合わせなどにご不満やご要望がないかをお聞かせいただきます。

    もしご要望があれば修正します。その場で修正できる場合もありますが、ゼロから被せ物を作り直す場合もあります。その場合は日数をいただく場合もあります。

    2本接着する

    問題なければ歯を本接着します。

    以上でラミネートべニア治療は終了です。

    ここから先はメンテナンスです。美しくなった歯を長持ちさせられるよう、定期的に検診やクリーニングを受けてください。

    補足:シェルの素材について

    シェル素材はセラミックとなります。

    セラミックの特長

    透明感があって最も天然の歯に近い見た目をした素材です。多様な色味を表現できます。保険適応のレジン(プラスチックの混ぜ物)と違い、変色することもありません。

ラミネートべニア治療の費用

ラミネートべニア治療の費用は50,600円です。

総額:50,600円
(1本あたり)

治療時・術後の痛み

局所麻酔をして処置をおこないますので、処置中に痛みはほぼありません。術後に痛みもありません。

当院の保証期間・保証内容

1年未満であれば破損時に無料で再治療します。1年以上2年未満は8,800円にて再治療します。2年以上は全額負担となります。
※各保証は当院の指定した定期検診を受診されて、再度の治療時に全身状態の良好な方が保証の対象となります。

ラミネートべニア治療のリスク

ラミネートべニア治療には以下に挙げるリスクがあります。

1シェルの破損

歯ぎしりがある方や、噛みしめる力が強い方の場合、シェルを破損することがあります。

すぐに治療は開始しません
まずはお話からはじめましょう

無料カウンセリング予約はこちら↓

お電話での予約はこちら
0952-27-0412

※診療時間内でお受けできます。

電話予約