佐賀でインプラント/審美治療なら スマイル髙城歯科SMILE TAKAJO DENTAL
0952-27-0412
10:00〜18:00(水・木休診)
審美・矯正歯科コラム

インプラントがあると矯正できない!?できる場合とできない場合の違い

公開日:2023年12月27日
SCROLL

こんにちは。佐賀県佐賀市の審美歯科スマイル髙城歯科です。インプラントは矯正で動かせないことはご存知ですか?本日はインプラントがある場合の矯正についてお伝えします。

私が答えます!
スマイル髙城歯科
院長 髙城秀典

インプラントは矯正で動かせない!その理由とは?

インプラントは矯正で動かすことができません。矯正で最も重要な役割を果たすの「歯根膜」がインプラントの歯にはないためです。

歯根膜は天然の歯の根の周囲にある組織で、歯根膜に力を加えることで骨の吸収と再生が繰り返され徐々に歯が移動します。インプラントは画像のようなパーツを顎の骨に直接埋める人工歯根のため、歯根膜がなく、矯正で動かすことはできません。

インプラントがあっても矯正できる場合・できない場合

インプラントの場所や本数によって治療方法が制限される場合がありますが、場所や本数次第では矯正可能です。インプラントがあっても矯正できる場合・できない場合の主な判断基準をご紹介します。

動かしたい歯の導線にインプラントがあるorない

特定の歯を動かしたいと思っても、動かしたい歯の導線にインプラントがあれば歯をその先に動かすことができません。極端な例ですが、画像のピンクの歯がインプラントの場合、緑の丸の箇所を矢印の方向に動かしたくても動かせません。

インプラントの本数が多いor少ない

インプラントが1~2本で、かつ場所も問題なければ、インプラントに合わせて矯正で自然な歯列を作ることができます。しかしながらインプラントの本数が多いと歯の可動域が限られるため、理想の歯並びに近づけるのが難しい場合があります。

治療中・治療直後のインプラントがあるorない

インプラントを入れてから数か月間は、インプラントと骨が十分に結合していません。そんな状態のインプラントに矯正器具で負荷をかけるのはリスクが高いです。インプラント治療と矯正どちらもおこないたい場合は、どちらかの治療を終えてからもう一つの治療を始める必要があります。

最後に

インプラントが入っていても矯正を諦める必要はありません。状態によっては問題なく矯正することができますし、もしインプラントの数が多く矯正が難しい場合でも、別の選択肢をご提案可能です。まずはお気軽にカウンセリングにいらしてください。

[佐賀]スマイル髙城歯科症例紹介

当院は佐賀県佐賀市の審美専門クリニックです。丁寧なヒアリングをおこない、理想の実現にこだわった審美歯科治療をご提供しています。歯の見た目を解消したいとお考えでしたら、ぜひ当院にご相談ください。

当院症例数・実績
  • マウスピース矯正(クリアコレクト)年間150症例
  • マウスピース矯正(クリアコレクト)症例数九州1位(全国18位)
マウスピース矯正 症例写真
Before
After
Before
After
Before
After
施術名
マウスピース矯正
治療費用
一式198,000円~825,000円
※別途診察料3,500円と事前シミュレーション料18,500円が必要です。
リスク
マウスピース装着による不快感・痛み、歯根吸収等の副作用があります。矯正後に後戻りすることがあります。

記事の監修者

髙城秀典

 
院長

髙城秀典

鹿児島大学歯学部卒業後、米の山歯科勤務を経てスマイル髙城歯科を開業し、審美歯科を中心にあらゆる治療を提供しています。<所属学会・認定資格>ICOI(国際インプラント専門会議)認定医、ITI インプラントスペシャリストほか

すぐに治療は開始しません
まずはお話からはじめましょう

無料カウンセリング予約はこちら↓

お電話での予約はこちら
0952-27-0412

※診療時間内でお受けできます。

応募する マウスピース矯正モニター募集中!
6か月プラン 348,000円(税込)